【アズレン】アズレンの速力について

Screenshot_20180224-002844.png
イベント「凛冽なりし冬の王冠」のイベント海域では速力が重要になってきます。
どうやら自分の艦隊が進めるマスの数がこの速力によって左右されるようです。

しかし「速力」はキャラクターの詳細画面で確認したりすることが出来ない隠しステータスなので、
普段はあまり気にしていない人も多いようです…

というわけで今回は、この「速力」について記事にしていこうかと思います

スポンサーリンク








基礎知識


速力とは「マスクデータ」というステータス画面等では確認できない裏ステータスのようなものです。

次のイベントではこれがマップ上での移動に使われるわけですが、
本来これは戦闘中の前衛艦隊の移動速度を決めるために使われているもの。
重巡キャラを手動で動かしてみると遅かったり、駆逐艦キャラが素早いのはこの速力が違うから。
なお速力は前衛キャラに設定されているもので、空母や戦艦等の主力艦隊キャラには設定されていない

速力値は「戦艦だから耐久と火力が高い」「駆逐艦だから回避が高い」といったような他のステータスと同じく基本的には艦種によってどれくらいかが決まっている
ただし例外もある。


各艦種の速力


艦種に設定されている速力値はおおざっぱに言えば
・駆逐艦:40~48
・軽巡洋艦:32~36
・重巡洋艦:22~29
だいたいこのようになっている。

細かい数値を覚える気がないなら駆逐は速くて重巡は遅いと覚えておけばいい(イメージ通りすぎるけど)
各艦の最低値と最高値の間に開きがあるので、基本的に艦種の違いは速力の違いと言ってもよい

火力や回避等の他のステータスのように同じ艦種のキャラ同士でも高かったり低かったりするが、
他のステータス同様キャラによって劇的に違うというほどでもない。

ちなみに駆逐艦は改造の「動力強化」によって速力が上がるので
改造された駆逐艦は駆逐の中でも速力が高い傾向にある。

しかし上で書いた速力はあくまで基本的な速力であり、速力が特別に設定されている例外のようなキャラも勿論いる。


速力が特別なキャラ


基本的にその艦種としては破格の速力といったキャラはあまりいない。
強いて言うならさっきも書いたように改造出来る駆逐艦は速力が軒並み高いが、駆逐の中でも飛びぬけて高いというほどでもない。
ちなみにアズレンにおいて速力トップのキャラは綾波改である


しかし特別に遅いキャラ達は何人かいるので、それをまとめてみます。

・エルドリッチ
駆逐艦ではあるがその速力は重巡下位組と同等(速力25)
使い勝手が良く、何かと目立つSSR故に「エルドリッチは遅い」という話を聞いた人も多いのではないだろうか。
特殊弾幕もスキルも優秀なので速力を考慮しても十分編成に入ってくるキャラではあると思うけど、
速力という点で見るならくれぐれも艦種に騙されないように


・平海、寧海、逸仙
三人ともそれぞれ速力は違うが、いずれも重巡よりも遅い
逸仙に至ってはアズレン界速力ランキングワースト1位である。

一応平海と寧海は改造することによって速力を補強出来るスキルを習得できる(それでも重巡上位程度だけど)
しかしあくまでスキルでの強化なので、イベント海域でのマップ上では意味がない可能性もある。

とはいえ三人ともスキルの関係で重桜艦ばかりが出るマップでこそ本領を発揮できるわけだが、
重桜所属じゃないセイレーンが出る時点でイベント海域では実質制限を受けた状態で戦うことが確定しているようなものである。
だからといって弱いというほどでもないが、元々イベント海域に向いていないキャラ達ではある。


・アヴローラ
現状唯一の北連艦。
逸仙と共に速力ワースト1だが、そもそも激レアすぎて大半の人にとっては関係の無いキャラである。


・ドイッチュラント
重巡の中でもかなりの攻撃力を誇るキャラ。
何気に一般的な重巡よりも少し遅い。
他の重巡が25~29の範囲であるのに対して、ドイッチュラントの速力は22である。
ただし元々足の遅い重巡洋艦なので気にならないかもしれない。


速力に関する装備


改良型缶ジャイロスコープを装備すれば速力値を上げることが出来る。
速力値の上昇量はどちらも同じなので、速力以外に上がる能力で決めることとなる。
改良型缶は耐久が上がり、ジャイロスコープは命中が上がる。

なお速力の装備と言えばビーバーズエンブレムがあるが、
寧海平海と同じくあくまで装備に付属したスキルの効果なので、マップ上では効果が無いかもしれない


以上、速力まとめでした!

速力はステータス画面じゃ確認出来ない数値なだけあって僕自身よく知らないこともあったのですが、
記事を書く為に詳しく調べて初めて知った情報等もあったのでとてもタメになりました!w




この記事へのコメント